商品説明

※画像・商品情報について

ZEN4アーキテクチャーと3D V-Cache(64MB)のSRAMが積層されたRyzen7000X3Dシリーズより、ゲーミングプロセッサーとして大本命となる「Ryzen7 7800X3D」

[特徴]
・5nm製造プロセス、ZEN4アーキテクチャー採用
・ゲーミングプロセッサーの大本命、積層L3 V-Cache 64MB搭載
・8コア / 16スレッド
・標準クロック 4.2GHz / ブーストクロック 5.0GHz
・DDR5 Memory / PCI-E(Gen5)と最新テクノロジーをサポート
・TDP 120W

[仕様]
アーキテクチャー: ZEN4
コア/ スレッド: 8 / 16
ブースト / ベース周波数: 5.0 / 4.2 GHz
最大キャッシュ容量: 104MB
TDP: 120W
PCIEサポート: Gen5
クーラー: 無し
内蔵グラフィックス: 有り
BOXサイズ: 130 x 91 x 129mm
プラットフォーム: AM5
DRAM: DDR5

JAN:0730143314930

商品レビュー

名無しさん
評価1
評価2
評価3
評価4
評価5
5
今買うなら間違いなくこの製品!値下がりしたこともありコストパフォーマンス◎。ゲームに特価した性能を持っています。5700gから乗り換えましたが処理速度も速く脱帽です。ゲーム以外の作業にも使えますし、まさに万能ですね。
tmpさん
評価1
評価2
評価3
評価4
評価5
5
ゲームでは最高クラスの性能です。 Ryzen7なので価格は安めで、ゲーム用であればコスパは最高です。 消費電力が低いのも良いですね。 ただ、消費電力の低さの割に温度が高くなるので、高負荷で使用する場合は高性能なCPUクーラーが必要になります。 ゲームのみであれば高性能なクーラーは不要だと思います。
オーさん
評価1
評価2
評価3
評価4
評価5
5
今世代ベストバイCPU! 以前13900Kを使用していましたがゲームではほぼ遜色ない性能です。 ゲームをやりながら何かやるという事はコア数的に多少厳しいものがあるとは思いますが、この製品を買っておけばほぼ全てのゲーマーは満足するるかとおもいます。 13900Kと比べるとビックリするくらい省電力で電気代が高い今最高です。 価格の面でも現在50000円前後で買えるところが多いのでコスパは最強ゲーム以外の用途でも私の使用方法では特に重くなる事なく完璧にこなしてくれています。 大変おすすめできるCPUです。